脇の黒ずみを除去したい!自分でできるケア方法を紹介します!

私の脇が汚かったなんて…

 

 

 

はじめまして、女子大生のユカと申します。

 

私は、他の人と比べても肌が白い方なのですが、なぜか脇だけ黒いんです。

 

でも、他の人の脇をマジマジと見たことがなく、みんなそういうものなんだと思ってきました。

 

テレビで女優さんとかの脇が映っても、綺麗に見えるのは光を当てて

 

綺麗に見せてるものだと思ってたんです。

 

 

 

でも、つい半年ほど前に友達とプールに行った時、間近で友達の脇を見てビックリ!

 

他の部分と変わらないくらいに真っ白だったんです。

 

(あれ?もしかして脇が黒いのって私だけ?)

 

そう思うと途端に脇を出すのが恥ずかしくなってしまいました。

 

今まで何も言われませんでしたが、(ユカの脇黒っ!)とか思われてたかもしれないですね。

 

本当に恥ずかしすぎる!

 

 

 

急いで調べてみると、脇が黒くなるのは、黒ずみのせいだと書いてありました。

 

それから私は黒ずみを無くすために一生懸命ケア方法を勉強して、

 

何とか黒ずみを除去に成功したんです!

 

当サイトでは、私が勉強した黒ずみについてのあれこれや、自宅でケアするための方法などを

 

紹介したいと思います。

 

脇に黒ずみができる理由!

 

 

 

脇の黒ずみの原因を一言で言えば、「脇ケアのせい」

 

脇って毛を剃ったり匂いを防いだりと色々お手入れする部分ですよね。

 

しかし、それが逆に脇の黒ずみを生み出す原因になっちゃってるんです。

 

 

 

脇が黒くなっていしまうメカニズムは2つあります。

 

あなたの黒ずみはどちらのタイプか、考えてながら読んでみてください。

 

 

脇毛処理による影響

 

 

 

1つは脇毛処理によるものです。

 

カミソリや毛抜きで毛を処理していると、肌がヒリヒリしたり、「イタっ!」ってなることありますよね?

 

このような肌への刺激を受けると、身体は肌を守るためにためにある物質を出すんです。

 

それがメラニンと呼ばれるもの。

 

 

 

メラニンは肌を色んな刺激から守ってくれる性質があります。

 

例えば、太陽の光で日焼けするのも、メラニンが紫外線から肌を守ろうとする働きによるもの。

 

でも、日焼け肌を見ても分かる通り、メラニンには黒〜茶色っぽい色がついていて、

 

白い肌を目指したい人にとっては結構厄介な存在でもあります。

 

 

 

全身が日焼けしている状態なら、それはそれで可愛いのですが、特に厄介なのが

 

皮膚の一部だけが変色してしまう「シミ」です。

 

脇毛処理による黒ずみも、実はこのシミの一種で「色素沈着」と呼ばれます。

 

 

 

肌にメラニンの色がついている状態なので、特に汚くないですし臭いとかもないんですが、

 

脇全体が黒っぽく見えるのでなんとなく不潔に見えてしまいます。

 

 

乾燥で黒ずみがもっとひどくなる!?

 

脇って汗で蒸れているイメージが強いですが、場合によって実は結構乾燥する部分でもあるんです。

 

例えば、脇毛処理をしたまま保湿ケアをせずにいたり、締め付けの強いピチピチな下着・服で

 

擦れていたりする場合ですね。

 

 

 

乾燥もお肌にとっては一大事。

 

身体は乾燥から肌を守ろうとして、またまたメラニンを作ってしまいます。

 

顔と違って脇の乾燥はなかなか気づきにくいため、こうして気づかないうちに

 

黒ずみができてしまっていることも多いみたいですよ。

 

 

皮脂や古い角質が取れていない

 

 

 

脇の毛穴に皮脂や古い角質が詰まってしまうことでも、黒いポツポツのように見えたりすることがあります。

 

黒く見えるのは皮脂が空気に触れて、酸化したものですね。

 

 

 

脇自体がもともと皮脂が多い部分で、清潔に保たないと皮脂詰まりが発生しやすいというのもあります。

 

ですが、女性の場合は、それ以上に制汗剤・デオドラント剤による影響も大きかったりします。

 

夏場などにエチケットとして脇汗・におい対策に使っている人、多いですよね?

 

制汗剤・デオドラント剤を使った後に綺麗に脇が洗えていないと、毛穴を塞いでしまうことで

 

毛穴の中に皮脂が詰まったり、古い角質が上手く剥がれなかったりして黒ずみの原因になってしまうんです。

 

また、制汗スプレーに良く使われる銀・酸化アルミニウムは、肌への刺激も強く、使い続けていると

 

メラニンによる黒ずみも引き起こすことがあります。

 

 

 

角質・皮脂がたまりやすくなるのは他にも、毛穴パックやピーリング、毛抜きなどがあります。

 

これらをやりすぎると、毛穴が開いたままの状態になってしまうんです。

 

鼻の頭にできる黒ずみ(いちご鼻)と同じような状態ですね。

 

 

 

このパターンの黒ずみは、皮脂汚れなどが溜まると汗と混じって嫌な臭いを発することもあり、

 

かなり要注意です!

 

 

アテローム(粉瘤)

 

脇の下にニキビのようなコブのような盛り上がったものができることがあるそうです。

 

これは脇に限らず身体中にできるものですが、アテロームとか粉瘤と呼ばれるもの。

 

これも人によって黒くみえたりするんですが、潰すと白いニュルニュルが出てきて、

 

ものスゴイ悪臭がするんだとか。

 

 

 

これは何らかの理由で剥がれなかった古い角質が袋状になり、

 

そこに皮膚が溜まることによってできるようです。

 

つまり、白いニュルニュル=皮脂ってことですね。

 

潰しても何度も再発するので、もしできてしまったら、すぐに皮膚科へ行ってください。

 

黒ずみを防ぐにはどうしたらいい?

 

 

 

あなたの黒ずみタイプはどちらか分かりましたか?

 

ここからはそれぞれの黒ずみを防ぐ日頃のケア方法について書いてみます。

 

脇毛処理もするし、制汗剤・デオドラント剤も使う、という方はなるべく全てのことを

 

取り入れてみてくださいね。

 

 

ビタミン類を多く食べる

 

 

 

 

まずは美容の基本となる食生活です。

 

美容に良い食べ物と言えば、ビタミン系のものが有名ですが、黒ずみにも

 

ビタミン類は良い仕事をしてくれます。

 

 

 

色素沈着タイプの黒ずみに、特に効果があるのはビタミンC。

 

実はビタミンC、色素沈着を防ぐのと同時に、薄くする働きもあるんです。

 

他にもコラーゲンの生成、抗酸化作用など肌にとってうれしい効果は沢山あるので、

 

是非積極的に食べたいものですね。

 

 

 

一方、角質や皮脂が詰まっているタイプの黒ずみは皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンB2、

 

正常なターンオーバーを促進させるビタミンAなどがおすすめ。

 

 

 

食事による身体の内側からのケアはすぐに効果を発揮するのは難しいですが、

 

黒ずみを作りにくくする身体作りには必須なので、是非とも意識してみてください。

 

下の表では黒ずみに効果がある成分や食べ物をまとめてみました。

 

ビタミンC 柑橘類、イモ、ピーマン、ブロッコリーなど メラニン生成を抑える、メラニンを薄くする、コラーゲンを生成する
ビタミンA 鶏レバー、にんじん、かぼちゃなど ターンオーバーを促進する
ビタミンE ナッツ類、植物油、煎茶、いくらなど 血行促進しターンオーバーを促進、抗酸化作用
ビタミンB2 レバー(豚・牛・鶏)、うなぎ、いわしなど 糖質や脂質を分解し、皮脂の過剰分泌を防ぐ
ビタミンB6 にんにく、まぐろ、かつお、とうがらしなど タンパク質・脂質の代謝、健康な肌を生成する
タンパク質 肉類、魚類、卵、大豆食品、乳製品など 肌の原料となる
亜鉛 牡蠣、うなぎ、牛肉、大豆食品など 肌の生成に必要

 

 

制汗剤などの使い過ぎに注意する

 

 

 

毛穴に皮脂や角質の汚れが溜まっているタイプの黒ずみは、特に夏の汗対策に気をつけたいところ。

 

一番良いのは制汗スプレーを使わず、汗脇パッドやタオルなどで汗対策することです。

 

でも、いつでも脇汗が拭けるわけでもないですし、どうしても汗のにおい・べたつきが

 

気になるという人も多いでしょう。

 

わきががある人なら、季節に関係なくデオドラント剤を使っている人も多いと思います。

 

そんな場合には銀や酸化アルミニウムを使わない肌に優しいタイプの制汗剤・デオドラント剤をおすすめします。

 

肌に優しいものであれば、少なくともメラニンによる黒ずみは発生しません。

 

 

 

また、制汗・デオドラント剤を使った後は、必ずお風呂でしっかり洗浄するのも忘れずに!

 

「しっかり洗う」って言ってもゴシゴシ洗うのではなく、ボディーソープをできるだけ泡立てて、

 

手で滑らせるように洗ってください。

 

おすすめのボディソープについては下で書きますね。

 

 

脇毛の処理で刺激が少ない方法は?

 

 

 

脇毛の処理って人によってカミソリ、毛抜き、除毛クリーム、お店(エステ、クリニック)など

 

人によって様々な方法があると思います。

 

この中で一番確実なのはやっぱりお店での処理でしょう。

 

医療レーザーは色素沈着しやすいという話もありますが、その後のケアもしっかりアドバイスしてもらえますし、

 

安心感がありますよね。

 

 

 

ただ、このサイトのコンセプトは「は自分でできるケア方法」なので、家で処理する場合のことを考えてみましょう。

 

 

 

まず、毛抜きは絶対にNGです。

 

毛を抜くと、上で書いたように毛穴が開いたままになってしまうことがありますし、

 

毛が皮膚の下に宇入り込んで出てこない埋没毛という状態になることもあるからです。

 

埋没毛になってしまうと、黒いポツポツが目立つ(毛穴に詰まった皮脂と同じような状態)になってしまう上に

 

毛が毛穴から出て来ず処理もできない、しかも皮膚が炎症することもあるなど散々な状態になります。

 

つまり、毛穴が開いて皮脂の詰まりで黒くなる+埋没毛で黒くなる+炎症後の色素沈着でトリプルパンチ。

 

これでは自分で脇の黒ずみをひどくしているも同然ですよね。

 

 

 

次にカミソリで剃る方法ですが、これもあまりオススメできません。

 

脇の皮膚って触るとわかりますが、手や足に比べて結構薄くなっています。

 

そのためカミソリ負けしやすくどんなに慎重に剃っても、色素沈着による黒ずみがどうしてもできてしまうんです。

 

 

 

そう考えると、一番安全なのは除毛クリームによる脱毛ですね。

 

ただ、これも刺激が全然ないわけではありません。

 

できるだけ肌に優しいものを使い、多くても1週間に1度くらいの頻度に抑えるのが無難です。

 

 

 

もしくは、家で本格脱毛をしたいと考えるなら、家庭用の脱毛器を購入するのもアリだと思います。

 

「ケノン」という光脱毛器が有名ですね。

 

お値段はおよそ7万円とかなりしますが、、それでもエステ同様の光脱毛が家で自由にできるのは魅力的です。

 

こちらも刺激がゼロという訳ではありませんが、正しく使えば他の方法よりもずっと刺激が少なく処理できます。

 

脇以外にも脱毛したい部分が多い人は購入を考えてみてもいいかもしれませんね。

 



 

 

 

自宅でできる黒ずみ除去方法!

 

 

 

ここまでは黒ずみができないためのケアについて書いてきましたが、ここからは自分でできる

 

黒ずみを消す方法をご紹介したいと思います。

 

多少時間はかかりますが、黒ずみはちゃんとケアすればしっかり除去することができるので、

 

少しでも早く黒ずみ対策を始めてみてください。

 

 

黒ずみ隠しはおすすめしません

 

 

 

自分で黒ずみを消すまでにはどうしても時間がかかります。

 

そのため、黒ずみを除去するまでの間、ファンデーションを脇に塗って隠す、という方法を使っている

 

人もいるようですが、私個人的にはあまりおすすめしません。

 

 

 

なぜなら、ファンデーションを塗ると脇が乾燥してしまうからです。

 

上でも書いたように、乾燥して服などで摩擦が起きると、黒ずみがますます悪化する原因になります。

 

その上、汗で落ちないようにウォータープルーフのファンデーションを使うと、毛穴を蓋して詰まりやすくなる

 

原因にもなってしまいます。

 

一時的に隠そうとすることが、黒ずみをどんどん治りにくくしてしまう原因になるんです。

 

 

 

そんなことをするくらいなら脇見せNGにしてでも、短期集中で早く黒ずみを無くしてしまった方が

 

いいんじゃないかな?と思います。

 

夏にかけて脇を見せる機会が多くなると思うので、できれば冬の内から黒ずみ対策はやっておきたいですね。

 

 

黒ずみ&臭いを同時に解消するボディソープを使う

 

 

 

さて、それでは黒ずみ対策の1つ目です。

 

あまり黒ずみケアに時間がかけられないという方におすすめなのは、

 

「クリアネオパール」という黒ずみケアができるボディソープを使うことです。

 

 



 

 

いつも使っているボディソープをこれに変えるだけですから、余計な手間いらずで楽ちんな方法ですよね。

 

でも、なぜボディソープで黒ずみが除去できるのか気になりますよね。

 

その秘密は3つ。

 

  1. セラミド、ヒアルロン酸など徹底的に肌を保湿する成分が含まれている
  2. 石油系界面活性剤不使用・着色料不使用など肌への刺激を少なくしている
  3. 3種のビタミンC配合や美肌サポート成分でシミを薄くする

 

1、2は黒ずみの予防する秘密です。

 

上でも書いてきた通り、乾燥や肌への刺激は黒ずみの原因になります。

 

冬場などはお風呂上がりに、すぐ乾燥してかゆくなったりもしますよね。

 

「クリアネオパール」ならしっかり肌を保湿し、皮脂を洗い流しすぎることもないので、

 

お風呂上がりにすぐ化粧水を急いでつけなくても、かなりしっとりしていますよ。

 

 

 

そして3が黒ずみを薄くしてくれる内容です。

 

ビタミンCが黒ずみを薄くするというのは、食べ物のところでも書いた通り。

 

それに加えて「クリアネオパール」には美肌をサポートすると言われるアスタキサンチン、アルプチンなど

 

が配合されています。

 

黒ずみを即効で消すという訳にはいきませんが、使い続けることで肌のターンオーバーを促進し、

 

メラニンを身体の外に排出してくれます。

 

 

 

 

 

また、制汗効果や消臭効果もあるので、「脇の黒ずみもにおいも気になる」という方にはぴったりな

 

ボディソープだと思います。

 

洗い流してしまうものなので、↓のクリームに比べると効果を実感までに時間がかかるかもしれませんが、

 

  • 脇以外にも黒ずみがある
  • 黒ずみもにおいも気になる
  • 黒ずみケアの手間を増やしたくない

 

という方には是非使ってみてほしいと思います。

 

 

脇専用のクリームを使う

 

 

 

脇の黒ずみが気になる人に最も人気があるのが、脇専用のクリームを使ったケアです。

 

黒ずみ対策・保湿・におい対策とクリーム1つで脇の悩みを一気に解決できちゃいます!

 

「上のボディソープと同じやん!」とツッコまれそうですが、ボディソープは洗い流すものなので、

 

こちらの方が効果は高いかな?と思います。

 

効果が高い分、朝・晩に塗る手間が増えるという感じですね。

 

 

 

私自身も結果的に脇用クリームを使うことで黒ずみを除去することに成功しました!

 

そんな私が使ったクリームは「アットベリー」というものです。

 

 



 

 

脇用クリームや黒ずみ対策クリームは沢山ありますが、脇の黒ずみに関しては、

 

「アットベリー」と「ピューレパール」という2つのクリームが圧倒的に人気です。

 

口コミについてもどちらも良いものばかりで、どっちにしようか結構悩んだんですが、

 

最後の基準はやっぱりコスパでした(笑)

 

 

 

「アットベリー」は60g入って初回2,980円、2回目以降5,440円で購入できます。

 

一方の「ピュレーパール」は30gで初回2,750円、2回目以降4,750円。

 

最初は同じくらいの値段化と思ってましたが、なんと入っている量に倍の違いがあるんです!

 

これはアットベリーめちゃくちゃお得じゃないですか?

 

 

 

安いと言っても入っている成分にもこだわって作られていて、プラセンタ、グリチルリチン酸2K、

 

天草フラボノイドなどの美白成分やセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分、

 

桑エキスなどの消臭成分がたっぷり含まれていますよ。

 

 

 

 

私の場合は、朝と夜の2回使い続けて、大体2か月目の途中くらいで黒ずみがほとんど

 

目立たなくなりました!

 

クリ−ムがターンオーバーで黒ずみの元となるメラニンを身体の外に排出して、新たにメラニンを作らせない

 

という効果なので、年齢や肌の状態などによって個人差はあると思います。

 

ですが、しっかり毎日ケアしていれば、時間がかかっても黒ずみは消せます!

 

ターンオーバーは20代の早い人でも28日と言われているため、すぐに効果が見えなくても

 

最低3か月くらいは使い続けてみてほしいですね。

 

 

 

「アットベリー」を使って脇の黒ずみが綺麗になった私は、以前のように脇を気にせず見せられるようになりました。

 

もう知らず知らずのうちに恥をかく心配もありません!

 

あなたも脇の黒ずみが気になるなら、早めに対策して綺麗な脇を取り戻してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連サイト:
汚い背中をきれいにする、たった5つの方法とは
脇の黒いシミを治すには?黒ずみの原因をなくして綺麗な脇に!